とりあえず、歩くか。晴れた日は星空の下で寝るのもいい。

週末の九州自然歩道のトレッキングや日常の雑感です。英語版のトレッキングログもこちら https://nayutakun.hatenadiary.com/  で公開しています。

2021年4月4日 九州自然歩道 95日目 宮崎県西都市上三財~西都市西都バスセンター 菜の花に彩られた古墳群を歩く

本日は周囲が明るくなってきた5:30に、山中のテントの中で目を覚ました。まだ小雨が降っている。 昨日は1日中ひどく雨に降られた。それに加えて、谷川を徒渉する際に転倒して膝上まで水に浸かってしまい、散々な目に遭っている。レインウェアはテントの中に…

2021年4月3日 九州自然歩道 94日目 宮崎県東諸県郡綾町栄町~西都市上三財 川で転んで膝上まで濡れたら世の中に怖いものは何もなくなる

今回の九州自然歩道トレッキングは宮崎県の綾町からの再開。福岡から宮崎への交通はかなり時間がかかり、当日の朝に福岡を出るとトレッキングの再開地への到着は夕方になってしまう。ということで、金曜日の午後は仕事を休み、宮崎市内に前泊とした。 宮崎は…

2021年3月28日 九州自然歩道 93日目 宮崎県東諸県郡綾町照葉大吊橋~綾町南俣 満開の桜吹雪の花道を一人歩く

昨夜は20:00頃から雨が降り出した。今回の野営地には屋根はなく、直接テントに雨が降りつけるため、わずかな雨でも分かる。夜半までは降ったり止んだりを繰り返していたが、明け方近くからかなり強く降っていた。天気予報どおり。最近の天気予報は本当に精度…

2021年3月27日 九州自然歩道 92日目 宮崎県小林市野尻町紙屋西町~東諸県郡綾町照葉大吊橋 春の広葉樹は山をパステルのように染める

今回の九州自然歩道トレッキングは宮崎県小林市からの再開。宮崎県は福岡からの交通がなかなか困難な場所で、主幹線のはずの日豊本線で九州の東海岸に沿って行くと7時間近くかかる。西海岸を九州新幹線の終点の鹿児島まで南下した後、日豊本線で宮崎まで北上…

2021年3月21日 九州自然歩道 91日目 宮崎県西諸県郡高原町霞神社~小林市野尻町紙屋西町 たいていのことは走れば解決する

昨夜は夕方からひどい雨だった。大粒の雨が打ち付け、屋根の下のテントにまで弾け飛んでくる。夜中まで雷鳴が何度も轟きわたり、テントから3km以内にも何度か落雷した。稲妻が光るたび、テントの外壁に雨が伝わり落ちていくのが分かる。テントの内壁には結露…

2021年3月20日 九州自然歩道 90日目 宮崎県西諸県郡高原町高原駅~高原町霞神社 春雨のしくしく降るに霞丘山の桜はいかにかあるらむ

今回の九州自然歩道トレッキングは宮崎県高原町からの再開。福岡から宮崎までの交通はなかなかたいへん。土曜日の本日、公共交通機関利用の現地到着ほぼ最速の方法で向かったが、トレッキング再開地点の高原駅到着予定時刻は昼をずいぶんと過ぎる時間。まあ…

2021年3月7日 九州自然歩道 89日目 宮崎県西諸県郡高原町御池キャンプ場~西諸県郡高原町高原 美しい池を巡ろうとして自滅の巻

今朝は美しい湖畔のキャンプ場で目を覚ました。テントの中にいても、キャンプ場のお客さんが周囲を歩いたり、炊事場に水を汲みに来たりする音が聞こえる。遠くの方からは高い声の鳥のさえずりが響き、池からは魚の跳ねる水音が空気を震わせる。6:00に目を覚…

2021年3月6日 九州自然歩道 88日目 鹿児島県霧島市霧島神宮~高千穂河原~高千穂峰~霧島東神社~宮崎県西諸県郡高原町御池キャンプ場 ついに鹿児島のラスボス制覇

今週の九州自然歩道トレッキングは鹿児島県霧島市の霧島神宮からの再開。博多から6:45の九州新幹線さくら401号に乗り、鹿児島中央駅できりしま6号に乗り換えて、9:36に霧島神宮駅に到着。霧島神宮駅前を9:51に通過する鹿児島交通バスに乗り、10:05に日本発祥…

2021年2月28日 九州自然歩道 87日目 宮崎県えびの市えびの高原~韓国岳~大浪池~鹿児島県霧島市牧園町硫黄谷温泉 大浪池の女神は雨の中を歩いた旅人に一瞬だけ微笑んでくれた

昨日は、霧島神宮から高千穂嶽道(おたけみち)に入って、県道104号線、県道1号線と、ほぼ舗装路のみを歩いてえびの高原エコミュージアムセンターまで進んだ。一日中強い風が吹いていたが、幸い雨はほとんど降らず、それなりに霧島の山々の風景や噴気の漂う…

2021年2月27日 九州自然歩道 86日目 鹿児島県霧島市霧島神宮~宮崎県えびの市えびの高原 いたるところから噴気が出るこの地を歩いたら、ここが日本発祥の地だというのがまんざらでもなく思えてきた

今日は2週間ぶりに九州自然歩道に復帰。残念ながら先週末は仕事のため、トレッキングができなかった。今回は鹿児島県の北の端の霧島市からのスタートだが、じつは霧島神宮あたりから九州自然歩道の本線は2つに分かれる。1つは霧島神宮から霧島連山の間を縫っ…

推し、登る 立石山

知り合いの、もうすぐ百名山氏。以前登場したすでに全山踏破を終えた百名山氏とはまた別の方だが、彼は学生の頃に地元九州の山々や北アルプスなどは登り終えており、銀行を定年退職する前後から一つ一つ登り潰しを始めている。昨年末は四国の剣山と石鎚山も…

2021年2月13日 九州自然歩道 85日目 鹿児島県霧島市国分敷根~霧島神宮 ここが日本発祥の地

今朝は桜島が真正面に見える海岸で6:00に目を覚ました。海抜は0メートル。暖かい。ただし、風が強く、撤収の際にはテントが飛ばされそうになる。錦江湾を隔てた桜島は美しいが、今日は笠雲がかかっている。たしか笠雲は天気が崩れるときの兆候。天気予報を見…

2021年2月12日 九州自然歩道 84日目 鹿児島県霧島市福山町狐ヶ丘高原~霧島市国分敷根 錦江湾の向こうに桜島がドーーン

今朝は遠くの方で巨人が振り回すブーメランの音で目が覚めた。風力発電用の風車は300m以上離れているというのに、耳障りな音だ。夜半にテント近くにイノシシが集餌のために来ていたようだが、ライトを一瞬点けたらその後は静かになった。これとは対照的に、…

2021年2月11日 九州自然歩道 83日目 鹿児島県鹿屋市高隈ダム~霧島市福山町福地狐ヶ丘高原 20機の風車の並ぶ稜線をのんびり歩く

今回の九州自然歩道トレッキングは鹿児島県鹿屋市郊外の高隈ダムからの再開。高隈ダムは鹿屋市の中心地区から北に15kmほどの景勝地である大隈ダムの南端にある。平日はこの地域には1日数便のローカルバスがあるが、土日祝日はバスの便がない。しかし幸運なこ…

2021年2月7日 九州自然歩道 82日目 鹿児島県垂水市大野原~鹿屋市高隈ダム 標高500mの高峠高原から大隈湖に向かってクールダウン

昨夜は廃校跡の校庭の片隅にテントを設置させて頂いたが、一晩中、飛行機が上空を通過するような音が聞こえていた。桜島の噴火の音だろう。ここから火口までは北西に直線距離で12km。細かな火山灰も間断なく降り続いているようで、上下の歯を噛みしめるとジ…

2021年2月6日 九州自然歩道 81日目 鹿児島県鹿屋市今坂~御岳~大箆柄岳~垂水市大野原 まぢキツかった高隈山系縦走の運動強度はフルマラソン超え

今回の九州自然歩道トレッキングは、鹿児島県鹿屋市の市街地から高隈山系の縦走。距離が20kmを越えるほど長く、海抜数十メートルの市街地から1000mを越える尾根を数キロにわたって歩き、さらには標高差も結構あるタフなコース。土曜日の始発で福岡の自宅を出…

2021年1月31日 九州自然歩道 80日目 鹿児島県鹿屋市横尾岳~鹿屋市今坂 鹿屋の思い出は薔薇の香りと櫻の花

昨夜は標高420mほどの横尾岳公園にテントを設営した。夜中にテントを出て空を見上げた。月齢は16.9日で非常に明るく、ライトなしで芝生の上を走ることができそうなほどだった。オリオン座が天頂近くに輝いていた。月明かりがあるにもかかわらず、オリオン座…

2021年1月30日 九州自然歩道 79日目 鹿児島県鹿屋市吾平~横尾岳 神話の里から鹿屋を一望できる岡の上に

今回の九州自然歩道トレッキングは、鹿児島県鹿屋市吾平からの再開。現地までの交通はなかなか難易度が高く、博多から始発の新幹線で鹿児島中央駅に向かい、バス、フェリー、バス、バスと乗り継いで、10:58に吾平町バス停に到着した。本日のルート上には補給…

2021年1月24日 九州自然歩道 78日目 鹿児島県肝属郡錦江町花瀬~鹿屋市吾平 ちはやふる神代も知らず雨の中我濡れそぼり吾平を歩く

今朝はキャンプ場のテントの中で、雨の音で目が覚めた。幸い屋根があるので直接雨がテントに降り注ぐわけではないが、土砂降りといってよいほどの雨が降っている。やっぱりここに泊まってよかった。こんなに降りしきっていたら、地面の上に張ったテントの中…

2021年1月23日 九州自然歩道 77日目 鹿児島県肝属郡南大隅町根占~肝属郡錦江町花瀬 花瀬公園で雨に打たれて忍法川渡りの術

福岡の自宅のベッドで目が覚めた。今日は土曜日。カーテンの隙間から見える外はまだ真っ暗な4:30。窓の外からは雨の音が聞こえる。今日は歩きたくない。冬の雨の日に一日中山道を歩くなんて、ゾッとする。そのうえ、歩いた後には雨に濡れた地面の上にテント…

2021年1月17日 九州自然歩道 76日目 鹿児島県肝属郡南大隅町佐多風力発電所~南大隅町根占ネッピー館 大隅半島の北風は冷たいが缶コーヒーは温かかった

風車を甘く見たのが失敗だった。夜半には10m以上の風が吹いたようで、テントが何度も風にあおられた。風車の音も大きくなり、爆音といってよいほどの音を一晩中放っていた。今日の日程は余裕があるので、7:15の日の出を待って行動を開始すればよかったのだ…

2021年1月16日 九州自然歩道 75日目 鹿児島県肝属郡南大隅町大泊~南大隅町折山佐多風力発電所 優雅に回る風車の横で草を食む薩摩黒牛は新橋ガード下の夢を見るか?

今回の九州自然歩道トレッキングは鹿児島県の大隅半島の南端の佐多岬から7kmほど北の大泊からのスタート。前回はフェリーの欠航によるスケジュール変更を余儀なくされ、目標の佐多岬の先端までは走ってかろうじてクリアしている。 本日は福岡から新幹線、バ…

2021年1月11日 九州自然歩道 74日目 鹿児島県肝属郡南大隅町島泊~南大隅町佐多岬~南大隅町大泊 夜明け前の佐多岬をひた走る

テントの中で目が覚めたのが3:30。3連休の初日は悪天候のため錦江湾を横断するフェリーが運航されず、山川で1日足止めされた。連休2日目の昨日はリカバーしようと30km近く歩いたが、残りの休みは本日1日のみ。さて、今日はどうしようか。考えてみた。選択肢…

2021年1月10日 九州自然歩道 73日目 鹿児島県指宿市山川~肝属郡南大隅町根占港~肝属郡南大隅町島泊 南大隅町の小学生の習字でほっこり

2021年最初の九州自然歩道トレッキングは鹿児島県の薩摩半島の山川からフェリーで大隅半島に渡るところから始まる。福岡から山川までの公共交通機関による移動はなかなかの難所となるので、山川に前泊してからのスタートとなった。1月9日にスタートする予定…

2021年1月9日 九州自然歩道 73日目番外編 薩摩半島南端珍味四品盛合

今回の九州自然歩道トレッキングは、鹿児島県の薩摩半島から大隅半島にフェリーで渡り、九州最南端の佐多岬まで進む予定。南薩摩および南大隅エリアは、現地までの公共交通機関を利用したアクセスの難易度が高いため、今回も金曜夜から現地近くの宿に前泊と…

韓国嶺東線ソラントンネル

仕事でときどき韓国のソウルに行く機会がある。ソウルでは友人がいつも歓待してくれ、とても楽しく過ごすことができる。 2019年2月のことである。このときのソウルでの滞在の予定は4日間。1日目の仕事の後、3、4日目は仕事があったのだが、2日目は予定がなく…

2020年12月26日 九州自然歩道 72日目 鹿児島県指宿市開聞~指宿市山川 眺望絶佳の開聞岳 眺めて良し、登って良し、頂からの景色はさらに良し

今回は2020年最後の九州自然歩道トレッキングとなる、開聞から山川までのレグ。前回のトレッキングでは開聞岳への登山口のある指宿枕崎線の開聞駅まで歩を進めた。ところが、福岡から開聞までの公共交通機関によるアクセスはなかなか難易度が高く、福岡を始…

2020年12月20日 九州自然歩道 71日目 鹿児島県枕崎市枕崎駅~指宿市開聞駅 開聞岳 に目が釘付け

本日も昨日に引き続き、枕崎市内のホテルからのスタート。ホテルで朝食を済ませ、7:30に行動開始。枕崎駅から20分ほど南に歩いたところで枕崎港に出て、九州自然歩道に復帰した。枕崎港の向こうの山には風車が多数並んでいるのが見える。太陽が昇り始めた東…

2020年12月19日 九州自然歩道 70日目 鹿児島県南さつま市坊津今岳~枕崎市枕崎駅 丸木崎からの坊津の海の荘厳な眺めは必見

本日は枕崎駅の近くのホテルからのスタート。枕崎までは福岡から最速で5時間弱で到着できるのだが、枕崎からトレッキング再開ポイントの坊津町今岳までのバスの本数が1日4本と少ないのがネック。前泊しないと午後1時ぐらいからのスタートとなってしまう。や…

2020年12月13日 九州自然歩道 69日目 鹿児島県南さつま市坊津秋目~坊津今岳 亀ヶ丘からの絶景を楽しむ

本日は坊津秋目の民宿がんじん荘からのスタート。ここは釣り宿で、ご主人が早朝に釣り客の瀬渡しのために出かけていたため、朝食は8:00からと遅くなった。しかし、そのお詫びというわけでもないと思うが、朝食にはアオリイカの刺身をつけてくれた。これが甘…