とりあえず、歩くか。晴れた日は星空の下で寝るのもいい。

週末の九州自然歩道のトレッキングや日常の雑感です。英語版のトレッキングログもこちら https://nayutakun.hatenadiary.com/  で公開しています。

見る

Con qui las?

養老ばなしをもう一つ。先日、岐阜県にある養老天命反転地に行ったついでに、養老の滝に立ち寄ったときのこと。 2km近く歩いてようやく滝が見えてきた 養老の滝についての伝説は有名なのでご存じの方が多いと思う。老いた父親と暮らす息子が山に仕事に行って…

ぶっ飛びアート 養老天命反転地

名古屋出張のこの日、午前中で仕事がすべて終わり、午後の時間がポッカリ空いた。こんな日は美術館、寄席、植物園の順にイベントを探すが、これというものはない。 こんなときのためにかねてから用意してある、「都市近郊の半日以上使わないと行けないけれど…

広田弘毅と緒方敏雄

友人から彫像を頂いた。 たしか2度目の友人宅の訪問の際だったと思うのだが、窓辺に置かれた等身大の女性の彫像に夕暮れの逆光が重なり、差し出した指の先から漏れる光がとてもきれいに感じた。友人がこの家に引っ越してきてからまだ1年ほどで、前回の訪問か…

Brooklynの人情噺

週末にTSUTAYAに行き、DVDを借りてきた。 レンタルしたのはWayne Wang監督の作品2本。Wayne Wangの作品は、「The Joy Luck Club」のタイトル名だけ記憶していたが、これまで彼の監督作品を見たことはなかった。The Joy Luck Clubが公開された1993年にはちょ…

紙切り林家正楽師匠

はじめて寄席に行ったのは、大学1年生の冬だった。訪れたのは池袋演芸場。池袋北口の木造の建物だったように記憶している。階段を上がったところの客席は畳敷きで、寄席というのはずいぶん古くさいところだなと思った。 当時の落語はあまり人気のない時代だ…

蟻鱒鳶ル

久しぶりの、ほんとうに一年ぶりの東京出張の仕事を終え、16:30というちょっと中途半端な時間の後に自由な時間ができた。美術館に行くには閉館時間が迫るし、寄席はどうも夜席は自粛期間中のよう。晩ご飯に行くには少し早いし。そこで、仕事の現場である品川…

羽衣素馨

庭のハゴロモジャスミン(羽衣素馨)が満開となった。苗を植えてから3年目で、昨年はラティスの真ん中ほどまで伸びた枝から、わずかな花をつけただけだったが、今年は庭のラティスの上端まで達してなお余りある枝から、たくさんの赤い蕾をつけていたので、開…

2021年1月9日 九州自然歩道 73日目番外編 薩摩半島南端珍味四品盛合

今回の九州自然歩道トレッキングは、鹿児島県の薩摩半島から大隅半島にフェリーで渡り、九州最南端の佐多岬まで進む予定。南薩摩および南大隅エリアは、現地までの公共交通機関を利用したアクセスの難易度が高いため、今回も金曜夜から現地近くの宿に前泊と…

韓国嶺東線ソラントンネル

仕事でときどき韓国のソウルに行く機会がある。ソウルでは友人がいつも歓待してくれ、とても楽しく過ごすことができる。 2019年2月のことである。このときのソウルでの滞在の予定は4日間。1日目の仕事の後、3、4日目は仕事があったのだが、2日目は予定がなく…

北米大陸横断自動車旅行

もう25年以上前の話だが、米国で仕事をしていたことがある。東海岸にあるNew YorkとWashington D.C.との間の、Philadelphiaという街で暮らしていた。わりと貧乏だったが、とても楽しい毎日だった。何年か過ごすことができたが、1995年に日本での仕事が見つか…

ヤマボウシ

ヤマボウシ(山法師、Cornus kousa)はミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。中国、朝鮮半島、日本の本州から琉球列島に分布する。福岡近郊でも、山中でときどき見かけるが、街路樹や公園にもしばしば植樹されている。 雲仙の田代原キャンプ場のヤマボ…

東京建築散歩 その2 乃木坂~神宮外苑編

今回の東京建築散歩は、地下鉄東京メトロ千代田線の乃木坂駅を出てからJR千駄ヶ谷までのおよそ5kmを歩き、12の建築物を見る旅。このあたりは巨匠の作品が林立しており、完成したばかりの国立競技場辺りをゴールにする5km、2時間程度のお散歩コースを考えてみ…

匂蕃茉莉 花言葉は浮気な人

福岡の冬は意外と寒く、夏はわりあい暑い。暖房やエアコンを入れなくても過ごしやすく感じる時期はそれほど長くはないのだが、梅雨入り前のこの時期は比較的快適な時期で、夕方などは窓を開けると網戸から入ってくる風が心地よい。5月から7月にかけては網戸…

福岡建築散歩 その5 香椎・アイランドシティエリア

松本清張の推理小説「点と線」の舞台として知られる香椎(かしい)。え?知らない?1957年の小説だもんね。古すぎるか。私は大学1年生のときに読んで、小説で使われた寝台特急「あさかぜ」に乗ってみたくて、帰省の際に使ったことがあるけど、あさかぜも2005…

福岡建築散歩 その4 博多駅エリア

天神と肩を並べる福岡市内の繁華街は博多駅のエリア。そもそも福岡と博多は一緒だろ?とか、福岡の博多という言い方はおかしいんじゃね?、とかいう意見も聞こえそうだが、福岡ローカルに言わせると福岡と博多は異なる地域。オリジナルの博多は御笠川と那珂…

福岡建築散歩 その3 天神エリア 後編

福岡建築散歩の天神エリアの後編。前編では福岡市営地下鉄の赤坂駅を起点として、天神の西にあたる赤坂、大名、天神北のおよそ6kmの道のりを歩き、15の建造物を楽しんだ。 次に紹介するのは天神の南半分。地名では、天神、春吉、渡辺通の周辺となる。まずは…

福岡建築散歩 その3 天神エリア 前編

今回の福岡建築散歩で採り上げるのは天神エリア。福岡でもっとも人の集まる地域である。天神エリアにはよく知られた建築物や、おしゃれなエリアの気の利いた建築物が多数ある。3時間の散歩をしながら、天神周辺の建築を楽しめるルートを考えてみた。 天神エ…

福岡建築散歩 その2 大濠・鳥飼エリア

福岡で半日の時間ができた時に歩いて巡る建築物のコースを教えて欲しいというリクエストに対して、前回は百道浜のエリアをピックアップして、3時間で歩いて巡ることのできるコースを考えてみた。このエリアは、福岡市の市制施行100周年を記念して開催された…

福岡建築散歩 その1 百道浜エリア

建築物を見るのは好きで、出張の際などに時間ができると有名な建築を見に行ったりする。福岡にも知られた建造物が多数あり、自宅の近所のものはジョギングのついでに写真に収めている。 今回は、福岡で半日の時間ができた時に歩いて巡る建築物のコースを教え…

東京建築散歩 その1 丸の内・銀座界隈編 (14) 静岡新聞・静岡放送東京支社ビル

東京駅を起点として新橋駅に至るまで、丸の内、銀座、築地、新橋界隈の著名な建築物を歩いて巡る一筆書きの旅も14番目のこの建造物で新橋駅に到着し、終わりとなる。逢来橋の陸橋から汐留再開発地区の巨大なビル群を眺めたあとは、ビル群に背中を向けて陸橋…

東京建築散歩 その1 丸の内・銀座界隈編 (13) 電通本社ビル

東京駅を起点として新橋駅に至るまで、丸の内、銀座、築地、新橋界隈の著名な建築物を歩いて巡る一筆書きの旅の13番目の建造物。中銀カプセルタワービルから逢来橋の交差点に向かい、陸橋を渡ると現代的な巨大なビル群が見えてくる。 (13) 電通本社ビル 港区…

東京建築散歩 その1 丸の内・銀座界隈編 (12) 中銀カプセルタワービル

東京駅を起点として新橋駅に至るまで、丸の内、銀座、築地、新橋界隈の著名な建築物を歩いて巡る一筆書きの旅の12番目の建造物。銀座松竹スクエアから首都高速道路の橋梁を越え、新橋演舞場に向かって南西に進む。3ブロックで区立銀座中学校入口の信号を渡り…

東京建築散歩 その1 丸の内・銀座界隈編 (11) 銀座松竹スクエア

東京駅を起点として新橋駅に至るまで、丸の内、銀座、築地、新橋界隈の著名な建築物を巡る一筆書きの旅の11番目の建造物。築地KYビルを覗いた後は、晴海通りをふたたび歌舞伎座に向かって100mほど北上すると右手に銀座松竹スクエアが聳え立つ。 (11)銀座松竹…

東京建築散歩 その1 丸の内・銀座界隈編 (10) 築地KYビル

東京駅を起点として新橋駅に至るまで、丸の内、銀座、築地、新橋界隈の著名な建築物を巡る一筆書きの旅の10番目の建造物。築地本願寺の門を出て左側を見ると、交差点の向こう側にあるのが築地KYビル。 築地KYビル (10)築地KYビル 中央区築地4丁目7-5 設計:…

東京建築散歩 その1 丸の内・銀座界隈編 (9) 築地本願寺

東京駅を起点として新橋駅に至るまで、丸の内、銀座、築地、新橋界隈の著名な建築物を巡る一筆書きの旅の9つ目の建造物。電通築地ビルの横を南に向かって進む。150mも進むと、交差点の向こうに壮大な仏教寺院が見えてくる。 (9)築地本願寺 中央区築地3丁目1…

東京建築散歩 その1 丸の内・銀座界隈編 (8) 電通築地ビル

東京駅を起点として新橋駅に至るまで、丸の内、銀座、築地、新橋界隈の著名な建築物を巡る一筆書きの旅の8つ目の建造物。晴海通りを南に向かって歌舞伎座前を通り過ぎて50mほど進むと、首都高速が地下部分を走る橋梁が見えてくる。橋梁を渡らずに晴海通りを…

東京建築散歩 その1 丸の内・銀座界隈編 (7) 歌舞伎座

東京駅を起点として新橋駅に至るまで、丸の内、銀座、築地、新橋界隈の著名な建築物を巡る一筆書きの旅の7つ目の建造物。銀座4丁目から晴海通りを南に向かうと、昭和通りとの交差点近くに立つのが歌舞伎座。 (7) 歌舞伎座(第5期) 中央区銀座4丁目12-15 設…

東京建築散歩 その1 丸の内・銀座界隈編 (6) 銀座PIASビル

東京駅を起点として新橋駅に至るまで、丸の内、銀座、築地、新橋界隈の著名な建築物を巡る一筆書きの旅の6つ目の建造物。銀座4丁目のシンボル、和光の時計台のチャイムを聴きながら、晴海通りを南に向かって進む。 (6) 銀座PIASビル 中央区銀座4丁目8-8 設計…

東京建築散歩 その1 丸の内・銀座界隈編 (5) 和光本館

東京駅を起点として新橋駅に至るまで、丸の内、銀座、築地、新橋界隈の著名な建築物を巡る一筆書きの旅の5つ目の建造物。銀座1丁目でティファニー銀座の宝石箱のようなファサードを堪能した後に、銀座中央通りを1丁目から4丁目に向かって進む。 (5) 和光本館…

東京建築散歩 その1 丸の内・銀座界隈編 (4) ティファニー銀座

東京駅を起点として新橋駅に至るまで、丸の内、銀座、築地、新橋界隈の著名な建築物を巡る一筆書きの旅の4つ目のポイント。東京駅から有楽町まで軽く一駅歩いた後は、有楽町の高架下を抜けて銀座に向かう。 (4) ティファニー銀座 中央区銀座2-7-17 設計:隈…